僕らが本屋の未来を変えるまで

お客さんと本屋さんが繋がる"本屋3.0"を実現するまでの記録

LittleStaffのMVP(必要最小限の機能)

MVP(必要最小限の機能)として最初のリリースで実装する機能要件をまとめました。

会員登録

  • ユーザーはTwitterのIDで会員登録できるが、しなくても構わない
  • ユーザーはFacebookのIDで会員登録できるが、しなくても構わない
  • ユーザーはメール認証にて会員登録できるが、しなくても構わない
  • 会員ユーザーはサイトにログインできる
  • 会員ユーザーはサイトからログアウトできる
  • 会員ユーザーは退会できる
    • 退会するには全ての継続課金を解除しなくてはいけない

以下では「ユーザー」は全てのユーザーを指し、「会員ユーザー」とは会員登録済みのユーザーを指すことにする。

MVPとしては会員になって頂く必要はないのだけど、今後の展開を考えると最初から実装しておく必要がある。

TOPページ

  • ユーザーはTOPページを表示できる
  • TOPページには検索フォームを表示する

検索

  • ユーザーは本屋を店名であいまい検索できる
  • 検索結果画面には該当した本屋の画像と店名を表示する
  • 会員ユーザーは検索結果画面で、本屋に対して投げ銭条件(1回or毎月、金額など)を変更できる
    • すでに継続課金している場合は不可
  • 会員ユーザーは検索結果画面で、本屋に対して投げ銭を実行できる
    • すでに継続課金している場合は不可
  • 会員ユーザーは検索結果画面で、既に投げ銭している本屋の解約をできる

これらの要件のみ。実質「会員登録して検索して結果画面から投げ銭できる」だけ。

以下は備考。

本番リリースまでに決めないといけないこと

閉店した本屋の対応を考えておかないといけない。

  • 本屋の口座が開いたままだと閉店しても課金(振込)が続いてしまう
  • 本屋の口座が閉じていれば課金/振込エラーで気付けるはずなので、返金処理をすれば良さそう?
  • 書店マスタ管理に登録して、データを突き合わせる?
    • APIはないので、自動でDLして突き合わせる用のプログラムを書かないといけない
  • 初期は本屋への振込を手作業にして、必ず振込前に本屋が閉店していないか調べる運用にする?

MVPとしてボツにした機能たち

マイページ

会員ユーザーが現在の投げ銭状況を確認できたりする。
外した理由は以下。

  • 最終的に必要だけど、初期リリースでは外す
  • 検索してもらえれば分かるのと、1人が投げ銭する本屋は平均1~2店舗だと思うので覚えているはず

本屋詳細ページ

本屋からユーザーへのメッセージを載せる画面。クラウドファンディングによくあるやつ。
外した理由は以下。

  • 本屋側の手間が増える
    • まず本屋の登録数を増やすことが不可欠であり、この手間のせいで参加してもらえないリスクを減らす
  • 最初のコアユーザーへの効果は低いように思う
    • 最初のユーザーは「すでに投げ銭したい本屋が決まっている」のを想定している
    • そのためメッセージがあろうとなかろうと、投げ銭には影響しないと考えた
  • 開発工数が増える
    • 作るならHTMLそのまま表示できるぐらい、リッチにしないと貧相に見えて逆効果のリスク
      • それを自前で作り込むと手間がかかる
    • いっそのことCMSを使えばすぐに出来るが、これはこれで検討すべきことがある
      • 本屋側がCMSを使いこなせるか
      • もしCMSやっぱ不要となった時の手戻り(既存データの移行とか)

本屋登録フォーム

本屋側がLittleStaffに登録するための登録フォーム。
これは完全に却下したわけではなく、ちょっとどうしようか考え中。
最初はテスト運用として特定の本屋さんと進めたいので、とりあえず登録は手動でいいかなと思っている。

本屋側の管理画面

売上実績とか基本情報(店名とか画像)を編集できる。
これも最初は必要ない。全体的に本屋さんを募って運用が回り始めてからでいい。

その他

他にも色々。

  • 本屋の新着一覧とか投げ銭が多い本屋ランキングとか
    • MVPである「本屋に投げ銭したい」では不要
      • ユーザーは投げ銭対象の本屋が既に決まっているので検索できれば十分
      • 本屋を探している人が対象ではない
  • 投げ銭の際に本屋宛のコメントも一緒に投稿できる
    • 本屋に感謝を伝えるツールは対面、SNS等ほかにもある
  • 会員登録なしで投げ銭
    • 「会員登録がネックになっている」という問題(仮説)が出るまで不要
  • 本屋は自店に継続課金している会員ユーザーに対してメールを投稿できる
    • モバメもしくはメルマガのようなもの
      • 割引とかのお得情報よりも、雑感とか本の紹介とか個性が見える「日常」寄りのことを投稿して欲しい
    • サイト表示じゃなくてメールにする理由
      • 画像などの添付ファイルをサーバーに持たなければインフラコストがかからない
      • 通知の役割を果たす
    • 実装の手間とかも含めて、メールとサイト表示どっちがいいかちゃんと考えてから決める

日記

ドメインを取得した。.comはめちゃくちゃ高くて無理だったので.jpに…。
もとより仕組み的に世界展開するつもりはないサービスだから支障はないのだけど。

他のサービス名を考えるか、ドメインだけでも違う名前にすべきか迷った。
でも名前はいつ思いつくか分からないし早く先に進みたいので、このまま進める。

宣伝

このブログの更新情報は公式Twitterにて確認できます。