僕らが本屋の未来を変えるまで

お客さんと本屋さんが繋がる"本屋3.0"を実現するまでの記録

企画

「本との出会い」がコンテンツになることで行動意識が変わる

リトルスタッフを「個人が"本との出会い"をコンテンツとして発信するプラットフォーム」にリニューアルする - 僕らが本屋の未来を変えるまで リニューアルまで設計や進捗を残していきます。 サービスを作るときに理想とするのはユーザーの頭に常に居続けても…

「本との出会い」に社会性を持たせる

リトルスタッフを「個人が"本との出会い"をコンテンツとして発信するプラットフォーム」にリニューアルする - 僕らが本屋の未来を変えるまで リニューアルまでの頭の中や進捗を残していきます。 次のリニューアルでは「本との出会い」に焦点を当てている。 …

リトルスタッフを「個人が"本との出会い"をコンテンツとして発信するプラットフォーム」にリニューアルする

リトルスタッフを「個人が"本との出会い"をコンテンツとして発信するプラットフォーム」にリニューアルします。 このプラットフォームの実現に合わせて投げ銭も開発し、当初の目的である「本屋の個性による経済圏」を達成します。 リニューアルの背景 これま…

どうやったら本屋に投げ銭をしてもらえるかを考える

読者が育てる本屋の日記 | リトルスタッフ(α版) 久しぶりにリトルスタッフの話です。 Twitterでは発信しているんですがリトルスタッフはまたリニューアルします。 今度は最初から投げ銭機能を盛り込むことにして、その上でどういう形にするのが一番いいかを…

読書レビューアプリを開発するためのワークショップを開いた

4/7(土)に開催したこちらのイベントレポートです。 【未経験OK】4/7(土) 「読んでからでは遅すぎる」 - 本を読みながら感想をシェアできるアプリを作る(企画編) | Peatix 募集人数は5名まででしたが、当日参加があり最終的に僕を含めて10人となりました。 当…

新サービス作戦会議のタイムスケジュール

4/7(土)に初回の会議を迎える、リトルスタッフとは別の新しいサービスについて。 【未経験OK】4/7(土) 「読んでからでは遅すぎる」 - 本を読みながら感想をシェアできるアプリを作る(企画編) | Peatix (満員に達しました。ありがとうございます) 当日はこん…

読書や出版業界に興味ある人が集まるチームを作りたい

4/7(土)に初回の会議を迎える、リトルスタッフとは別の新しいサービスについて。 【未経験OK】4/7(土) 「読んでからでは遅すぎる」 - 本を読みながら感想をシェアできるアプリを作る(企画編) | Peatix どういうものを作るのか サービスの内容については先日…

読書の途中でも感想をシェアできる読書レビュー系サービスを作ります

リトルスタッフとは別に新しいサービスを作ります。 【未経験OK】4/7(土) 「読んでからでは遅すぎる」 - 本を読みながら感想をシェアできるアプリを作る(企画編) | Peatix 本を読んでいる時に感じたことを残したい 例えばビジネス書や知識を増やすための本を…

リトルスタッフに気軽に日記を投稿できない

この記事は 読者が育てる本屋の日記 | リトルスタッフ の開発記録です。 ↓説明資料です(作成途中)(全然手を付けられていない) しばらく自分で使ってみて「想定と違うぞ」と感じる部分がたくさんあって、その中で重要度が高いものをいくつか記録しておく。 気…

読者が本屋を登録できるようにすべきかどうか問題

この記事は 読者が育てる本屋の日記 | リトルスタッフ の開発記録です。 ↑説明資料です(作成途中)。 現状のリトルスタッフは参加書店が13店舗です。 つまりほとんどの読者にとって「日記を書こうにも本屋がないじゃないか!」という状態です。 これを解決す…

参加書店の少なさをどうするか

この記事は 読者が育てる本屋の日記 | リトルスタッフ の開発記録です。 ↑説明資料です(作成途中)。 昨日リトルスタッフを「本屋の日記」としてリニューアルしました。 設計段階から色々とシミュレーションをして理屈を付けて「こうだからこうなる」という予…

リトルスタッフ内では「対話」をさせない

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と - 僕らが本屋の未来を変えるまで 新機能(仮)は「読者が育てる本…

日記を書くのに必要なのはインクじゃなくてページにする

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と - 僕らが本屋の未来を変えるまで 新機能(仮)は「読者が育てる本…

日記を投稿する部分について考え中

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と - 僕らが本屋の未来を変えるまで 新機能(仮)は「読者が育てる本…

リトルスタッフ新機能の画面設計を始めた

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と - 僕らが本屋の未来を変えるまで 新機能(仮)は「読者が育てる本…

新機能(仮)は「読者が育てる本屋の日記」

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と - 僕らが本屋の未来を変えるまで まだまだ仮ですが、現状のアイ…

『影響力の武器』を全て満たすサービスの例

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と - 僕らが本屋の未来を変えるまで 僕はキングコング西野さんが始…

楽しいサービスとは何か。エンタメの方程式を見つける

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 昨日の記事で「リトルスタッフ自体がエンタメになるようなWebサービスにする」という話をしました。 便利な…

便利なAmazonと楽しい本屋と滅びゆく本屋と

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 昨晩ふと、本屋業界に対する自分の考えを前より少し言語化出来たので残しておきます。 本屋の4象限 この図…

本屋の価値の残し方を考え中

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 今日は「どう可視化するか」に関するメモです。 文章か画像かリアクションか 読者は本屋体験に関する満足感…

まずは本屋体験の結果による価値を可視化する

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 今日は「どう可視化するか」に関するメモです。 「価値」を大別すると2種類ある 価値には「結果」と「期待…

本屋の価値として何を可視化するか

(投稿が初の2行に...!) この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 具体的に何を可視化するか、について考えていることのメモです。 本屋の価値とは 結…

本屋の価値を可視化することで検証したい仮説を整理する

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。 目的先行でコンセプトを見失わないよう初心に戻って、「何が課題で、何が仮説か」を整理します。 課題 本屋…

個人でもポイント形式のサービスを作れる説

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフの初期に「本屋へ投げ銭」を考えた時、投げ銭だと寄付扱いで贈与税がかかって云々...という問題があったので諦めました。 それではポイントを挟む形にしたらどうか、と思…

本屋の価値を可視化する(仮)

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 「本屋x継続課金」について考えてきましたが、それを辞める方向で考えています。 結論から先に書くと、まずは「本屋の価値を可視化する」ことに専念するのが良いのではと思っています。 …

リトルスタッフは誰を幸せにするのか

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 今日ヌイブックスさんにお邪魔して、店主のヌイさん(仮名)とドク書房さんとお話してきました。 そこで話したことのメモ。 学生にとって本は高い 1300円とかの本を高いと感じるかどうか。…

継続課金じゃない方がいいのかも

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 いかにして本屋と読者の間に、お互いが満足する経済を作るか。 「継続課金 x 本屋のリターン」という考えで進めてきましたが、継続課金じゃない方がいいのかもしれません。 継続課金によ…

課金のアイデア出し - ポイント制

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフはなるべく継続課金で進めたいとは思いつつ、考える道筋として他のやり方もぼんやり残しておく。 そうして継続課金という制約を外した時に一番思いつきやすいのがポイント…

現状のリトルスタッフについて頂いた感想を整理する

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 リトルスタッフをリリースして1ヶ月が経ちました。 試行錯誤、迷走中の現状です。 コンセプトや理念は揺るがないけど、どうやってそれを実現させるかを探っています。 思考整理のために…

課金周りを再設計しようとしている

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。 今は「継続課金」の開発に専念しているんですが、同時に画面とかも色々変えたいと思っています。 まだ具体的な設計は出来ていないんですが「楽しい課金」を目指す。 最初は結構甘い考え…