僕らが本屋の未来を変えるまで

お客さんと本屋さんが繋がる"本屋3.0"を実現するまでの記録

日記を書くのに必要なのはインクじゃなくてページにする

f:id:kanno_kanno:20180112210350p:plain:w700

この記事は 本屋専用ファンクラブ | リトルスタッフ の開発記録です。

リトルスタッフを「本屋の価値を可視化する」ものに変更するべく考え中です。

昨晩から今日にかけて決まってきた仮の仕様を一部だけ整理します。
すいません。いつも以上に完全に自分のためのメモです。
あっちこっち考えが飛んじゃって散らかってくるので。

インクじゃなくてページにする

読者が本屋の日記を書くために必要なのは「インク」としていましたが、「ページ」の方が良さそう。
「紙」とか言葉は変えるかもしれないけど日記の1ページ。

ページを買って、使って、自分の言葉を載せたものを日記の一部として贈る。

本屋に「インクが貯まり」「インクを換金する」というのが違和感あった。
本屋に渡った時点でページに変わる、という仕様にした場合、今度は読者に譲渡する時にややこしくなる。
ページをまたインクに戻して読者に渡す?それだと概念的にも変だし、実装も不必要に手間が入る。
それなら最初からページのままやり取りした方が自然だなと。

ページはデザインが色々あるようにしたい

読者はページを買うわけだが、このページはデザインによって値段も変わるようにしたい。
普通のノートみたいな無地なら100円、ちょっと装飾があると500円、凝ったやつだと1000円みたいな。

ただこれを実現するにはデザインが必要で、今の僕では完全に無理なので最初は無地で進める。
無地というか単なるテキストの入力フォームになると思う。

また、ぼんやりとしたイメージだけど、このページのデザインは読者や本屋が用意出来てもいいんじゃないだろうか。
読者や本屋が、自分がデザインしたページを他の人が日記に使ってくれる。面白い。

検索機能は付けない

日記の投稿は本屋ページから行う。
本屋の検索機能は初期段階では付けない。
Peingとかと一緒で、本屋や読者に直URLを展開してもらうのを期待する。

検索機能を付けない理由はまだ「ないと困る」レベルじゃないから。

横断的な日記の一覧機能は不要そう

日記というのはほとんど最新のものしか見ない。
だから「全ての本屋の全ての日記一覧」みたいな見せ方はいらない。

「今日の日記の一覧」に関してだけ、見せるかどうか検討中。

などなど

他にも色々と考えは進んでいる。進むほどに「あ、ここ検討しなきゃ」みたいなのが新しく出てくる。
ただイメージはどんどん固まってきて、楽しいものが出来上がる確信も強くなってきたので今の勢いを保つ。

目標は課金以外を今月中に開発すること。

日記

今朝は2時に寝て3時半に起きた。4時頃から作業を開始。朝活に成功した。
寝過ぎないコツは夕飯とか寝る前の食事を控えめにすることかもしれない。

かけた時間も労力も関係なくて結果が全てなんだけど、時間が絶対的に必要になる時期というのはあるよね。

宣伝

本屋向けのこういうのも開発しました。ご興味ある方をお待ちしています。

このブログの更新情報は以下でも確認出来ます。